Blogブログ
ppc広告とリスティング広告の違い
2021.07.01
[2021.07.16 UP]

【詳細解説】PPC 広告って何?リスティング広告とどう違う?

WEB広告の中には『 PPC (ペイ・パー・クリック)広告』と呼ばれるものがあります。PPC広告とは、ユーザーがクリックした回数に応じて広告費を支払う課金形式のWEB広告の総称です。様々な種類に分類されるWEB広告ですが、今回はこのPPC広告に焦点を当て、PPC広告とはいったい何モノなのか、またどのような特徴があるのかをご説明します。

PPC 広告とはクリックごとに課金されるWEB広告の総称

『PPC』とは『Pay Per Click(ペイ・パー・クリック)』の頭文字をとったものであり、クリックに応じて費用が発生する課金形態を指します。つまりPPC広告とは『広告がクリックされるたびに費用が発生する広告』の総称です。

広告の「表示回数」に対して課金されるインプレッション課金や動画広告で用いられる広告視聴課金、定額で一定の広告枠を購入する純広告(予約型広告)など、PPC広告以外にもWEB広告には様々な課金形態があります。「PPC広告」は課金形態でWEB広告を分類した際の呼称です。

PPC 広告のメリット・デメリット

次に、PPC広告のメリット・デメリットとしていったいどのようなものがあるかを解説します。

メリット1.低予算から運用を始めることが可能

PPC広告はクリックごとに費用が発生する広告です。1クリックあたりに支払う費用は、費用の上限を任意に設定することができます。実際には設定した上限値以下で費用が決まることがほとんどです。

つまり、予算に応じて自由にクリック単価を設定することができるため、予算規模が小さくても広告を配信しやすいといえます。大きな金額が下限として設定されがちな純広告の広告配信等に比べると、PPC広告は手軽に始めやすい広告といえるでしょう。

メリット2.WEBサイトへの流入を目標とする場合に高い費用対効果を発揮

PPC広告は「広告のクリック=WEBサイトへの流入」による課金であるため、WEBサイトへの流入を目標とした広告運用を行っている場合、かける費用に対して確実に成果が伴います。

一方、インプレッション課金型の広告は「広告を画面に表示した回数=ユーザーが広告を見た回数」に応じた課金であるため、かけた費用に対してWEBサイトへの流入が必ずしも獲得できるとは限りません。そのためPPC広告は「WEBサイトへの流入を増やしたい」と考える広告主にとっては、費用対効果が高いといえるでしょう。

メリット3.広告の修正・停止・変更が容易

予約型広告(純広告)は配信面(プレースメント)を購入して広告を表示させるため、キャンペーンの途中で広告を修正したり、停止したりといった変更を加えることができません。予定より早い段階でキャンペーンをキャンセルことは可能ですが、費用は発生してしまいます。

それに比べるとPPC広告では、広告の修正や変更、停止なども臨機応変に対応することができます。広告ごとの成果を確認しながら、効果の薄い広告のみを停止したり、変更したりと柔軟な調整が可能です。

純広告についての詳細は、こちらの記事で解説しています。

デメリット1.効果向上に広告状況の確認と注意深い運用が必要

PPC広告は、一度掲載したら完了!というわけではなく、継続して成果を追いながら運用していく必要があります。成果に応じてクリックの上限金額を変更したり、成果の良い広告の配信量を増やす施策を打つなど、手間ひまをかけることによってより大きな広告効果が得られます。

反対に広告をメンテナンスせず放置してしまうと、想定以上の予算使用が生じることや、逆に全く広告が配信されないなど、効果を上げられない場合も多くあります。PPC広告のより良い運用には、十分な知識と運用に割く時間的リソースが必要になってくる点には気を付けなければなりません。

デメリット2.配信を停止すると広告経由でのユーザー流入が止まる

SEO(検索エンジン最適化)などWEBサイトのコンテンツを強化する施策を行ってユーザー流入を増やした場合は、コンテンツの公開以降も継続的にユーザーの流入増加が見込まれますが、PPC広告は配信を停止した時点で広告由来の流入がゼロになるため、効果が即時的な面があるといえます。

WEBサイトへのユーザーの流入を増やすには、広告のみならずユーザーの自然な検索・流入を得られるようなコンテンツを作っていく必要があるといえるでしょう。

PPC 広告はリスティング広告を含むクリック課金広告を指す 

冒頭でも説明しましたが、「PPC広告」とは課金形態から見た広告の1種類です。

それに対して「リスティング(検索連動型)広告」は、ユーザーが検索したキーワードに対応する広告が表示される広告です。リスティング広告に該当するものの多くではクリック毎の課金形式がとられているため、『リスティング広告はPPC広告の1種である』と考えることもできるでしょう。

しかし、「コンテンツ連動型」といわれるリスティング広告の一部では、クリック以外の課金形態がとられることもあります。また、場合によってはリスティング広告を指して「PPC広告」と呼ぶケースもあるため、文脈に応じて課金形態を指すかリスティング広告そのものを指すか判断することが必要です。

PPC 広告の活用におけるポイント

PPC広告で成果を出すためには次のような戦略が必要です。

戦略1.毎日広告進捗の成果レポートをチェックする

PPC広告に限った話ではありませんが、運用型広告は指標となるデータを日々集め、レポートにまとめて成果を分析して初めて活用することができます。事前に立てた戦略に合ったデータ推移をしているか、想定外の動きはないか、広告文や画像・動画などに修正すべき点はないかなどをひとつひとつチェックし、次の施策につなげましょう。

戦略2.媒体ごとの広告掲載や評価の仕組みに精通する

媒体によって表示される広告のセレクションの仕組みは異なります。利用する媒体ごとの特徴を把握し、それぞれに合った対策をすることで適切に広告が表示され、成果につながっていきます。たとえばリスティング広告を出稿する場合、次のようなポイントに留意するとよいでしょう。

キーワードの選定は入念に

どのようなキーワードで広告を表示するかを考えるには、検索という行動に際して、ユーザーがどのような意図を持っているかを想像することが重要です。ユーザーが何を欲しがっていてどのような状況にあるか、といった需要について深堀りすることで、ユーザーの検索意図に合ったキーワード(=広告が表示されやすいキーワード)を設定することができます。ユーザーの欲求が現れるタイミングでいち早くアプローチできるリスティング広告の利点を生かすためにも、キーワードの選定・厳選は入念に行いましょう。

また、除外キーワードの設定も重要です。例えば衣類を商材とした広告配信を行う時に、「レギンス とは」「ジーンズ 歴史」といった検索を行い情報を求めているユーザーに広告を配信しても効果が薄くなってしまいます。あらかじめ成約・購買につながりにくいユーザーを想定したり、定期的な検索語句の精査を行って除外キーワードを拡充することも、成果を高めるために重要な施策となってきます。

広告ランクの向上

どのリスティング広告が表示されるかは、広告一つひとつに紐づけられた広告ランクによって決まります。Google広告の場合、広告ランクは予算と広告の品質スコアによって変動します。広告ランクが高まることによってより安いクリック単価で広告を配信できるようになりますので、同じ予算でユーザーの流入増が見込めます。品質スコアは広告と飛び先ページの関連性や、クリック率、広告表示オプションの拡充によって高まりますので、品質スコアを高められるような広告の作成を行うことが成果改善への近道です。

参考サイト:広告の掲載順位とランクの仕組み(Google広告ヘルプ)

広告内容は伝わりやすい形にする

クリック率が高い広告は広告ランクが高まり、より安く配信できるなどメリットが大きくなります。クリック率を高めるには広告内容がユーザーに伝わりやすく、「自分にとって利益のあるものだ」と感じさせる内容にしなくてはなりません。

たとえば「誰に向けた広告か(ターゲットの明確化)」、「どういう利益があるか(ベネフィットの訴求)」といった部分を、より具体的でユーザー個人が自分事として感じられるようなクリエイティブを作るとよいでしょう。

こちらも一度作ったら作りっぱなしにするのではなく、実際に広告を運用しながら成果を比較し、柔軟に広告をアップデートすることが必要です。

PPC 広告は効率よくWEBサイト流入獲得を目指せる広告形態

PPC(ペイ・パー・クリック)広告は、ユーザーが表示された広告をクリックするたびに課金される形態のWEB広告です。

広告の表示回数に応じて課金されるインプレッション課金や、あらかじめ決まった広告枠を購入する必要のある純広告(予約型広告)と異なり、PPC広告は広告クリックが課金のトリガーであることから、リンク先WEBサイトへの流入を獲得することを目的として広告を出稿する場合に効果を発揮します。

広告の課金形態は広告の運用目標と密接に関係するため、「どのような目標を達成したいか」という戦略にもとづき選択することが求められます。多様なWEB広告の中から適切な媒体を選ぶことは非常にハードルが高く、広範な媒体知識が必要です。正確な判断で自社の広告運用を成功させたい場合には、広告運用代理店などのプロフェッショナルに依頼するのが得策でしょう。

プライムナンバーズではこれから広告運用を始めたい方はもちろん、既に運用している広告アカウントに関するご相談も受け付けています。ぜひお気軽にお問合せください。お問合せは画面右の「ご相談」ボタン、またはお電話(03-6276-0568)で承ります。