• ブログ
  • 【24年1月更新】Web広告5媒体最新アップデートまとめ
2024.01.05 更新
2024.01.05 更新

【24年1月更新】Web広告5媒体最新アップデートまとめ

Written By
N.F.

コンテンツプランナー

昨年12月中に更新されたWeb広告媒体のアップデート情報をお知らせします。
今回ご紹介する媒体は次の3つです。

  • Google広告
  • Yahoo!広告
  • LINE広告


本記事の内容をまとめたPDF資料も、以下のページからダウンロード可能です。あわせてご活用ください。

【Google広告】リーチ重視の動画キャンペーンにフォーマットが追加

Google 広告で効率的なリーチを目標とする動画リーチキャンペーン(VRC)を使用すると、インストリーム広告に加えてインフィード広告や YouTube ショート広告にも配信されるようになりました。

Googleの調査では、追加のフォーマットにも配信した場合の方が、インストリーム広告のみの場合よりもリーチが平均54%増加し、インプレッション単価は42%低下するという結果が出ています。

リーチの増加、配信効率の改善が見込まれるため、動画リーチキャンペーン(VRC)を利用中・利用予定の広告主様はぜひご確認ください。

参考ページ:動画リーチ キャンペーンで新たに利用可能になったフォーマットを使って認知度を最大限に高めましょう

【Yahoo!広告】検索連動型ショッピング広告の提供開始

Yahoo!広告において、検索連動型ショッピング広告の提供が開始されます。
検索連動型ショッピング広告とは、Yahoo!検索で商品情報などを検索した際に表示される「コマース検索」モジュールに新たに商品情報を掲載できるサービスのことです。

正規代理店など、売掛取引(後払い方式)のアカウントのみ実施可能です。

検索連動型ショッピング広告を利用すると、スマートフォンのコマース検索モジュールの最上部(Yahoo! JAPAN商品情報掲載の上部)に商品情報を掲載できるため、より強く商品をアピールすることができるようになります。また、商品グループで商品を細かく分類して設定することで、取り扱う商品種類が多い場合でもきめ細かいターゲティングや入札価格の調整が可能です。

参考ページ:検索連動型ショッピング広告の提供開始

【LINE広告】「標準イベント(購入)」で最適化配信する機能を追加

LINE広告に入札が自動最適化される機能が追加されます。購入イベント数を最大化することが目的です。
一定の定義に基づく「購入」のイベントに対して機械学習が働いて入札が自動最適化されるため、配信効果の向上が見込めます。
下記の場合に特に利用が推奨されています。

  • 購入イベント数の最大化を目的に配信したい場合
  • 購入地点にコンバージョンコードを設置しておりコンバージョン最適化を行っている場合

【設定方法】
①キャンペーンの目的で「ウェブサイトコンバージョン」を選択
 ※「ウェブサイトコンバージョン」を選択している場合のみ設定可能
②「広告グループを作成」画面で、最適化と入札>入札単価の設定方法で
 「コンバージョン数の最大化を目的に自動で設定」を選択
③最適化の対象で「標準イベント」を選択

※標準イベント(購入)最適化の利用には、標準イベントのタグ設置が必要です。

参考ページ:LINE広告アップデート情報 2023年12月 標準イベント(購入)最適化配信など4つ

【LINE広告】自動ターゲティング(ベータ版)の対応イベントの追加

自動ターゲティング(ベータ版)が、新たに複数の自動入札配信で利用可能になります。
自動ターゲティングとは、収集されたイベントを学習し、設定したターゲティング条件内でよりイベント実行が見込めるユーザーを探し出して最適なオーディエンスを自動で生成する機能です。

利用可能なキャンペーンの目的に「アプリのエンゲージメント」、自動入札に「コンバージョン数の最大化」「インストール数の最大化」「オープンイベントの最大化」が追加されます。

ターゲティングの幅が広がるため、自動ターゲティングを利用中の広告主様はぜひご確認ください。

参考ページ:LINE広告アップデート情報 2023年12月 標準イベント(購入)最適化配信など4つ

「LINE公式アカウント」の「トークルーム」での広告配信を開始

LINE広告がLINE公式アカウントのトークルーム上部にも表示されるようになりました。
LINE公式アカウントのオーナー側が広告を表示する設定にした場合のみ配信されます。
メッセージの流れを分断しないようにトークルーム上部に固定されているため、ユーザーの利便性を損なうことなく、企業のマーケティング効果の最大化が期待できます。

参考ページ:LINEヤフーの運用型広告プラットフォーム「LINE広告」、新たに「LINE公式アカウント」の「トークルーム」での広告配信を開始

最新情報を活かしたWeb広告運用ならプライムナンバーズへ

弊社では一般に公開されている情報の他、各媒体社から特別に共有を受けた最新情報を活用し、お客様のWeb広告運用をおこなっております。「最新情報を加味してWeb広告を運用してほしい!」とお考えの方は、以下のボタンからプライムナンバーズにご連絡ください。ご相談は無料で承りますので、いつでもお気軽にお問合せください。

広告運用について無料で相談する

Written By
N.F.

コンテンツプランナー

広告運用コンサルタントとして新卒入社後、コンテンツプランナーに変身した。運用経験を活かしたコンテンツを制作できるよう日々奮闘中。子どもの頃からブラジル音楽をこよなく愛しており、演奏もする。好きなしらすは釜揚げ。右利き。