〇〇しい広告運用辞典

キョンシー広告運用

  • 【読み方】

    きょんしい

  • 【類語】

    そそっかしい

【キョンシー 広告運用[きょん-しい]】 死んだと思った広告アカウントが実は生きており、気づいたときには取り返しがつかないほどの予算を使っていた状態。 つまりただの運用ミスである。 運用担当者が”停止したと思い込んでいたが停止されていなかった”といったケースで発生した場合、媒体からの自動アラートや社内管理ツールで発覚するため比較的早めの対応が出来るものの、広告運用担当者の異動や退職に伴い放置されたアカウントで発生した場合は発覚が遅れるため被害が大きくなりやすい。同ケースで数千万円の損失が発生した代理店があるとかないとか。 なお、被害額が少ない場合はベビーキョンシー広告運用と言う。
用法: 運用担当者「〇〇社のアカウントですが、ベビーキョンシーで100万円の補填が発生しました。申し訳ございません」 上司「100万円はベビーキョンシーではなく、キョンシーと呼びます。トラブルの過少報告はいけません」

運用型広告の“お悩み”
お聞かせください

ご相談|お問い合わせ

お見積りの依頼や詳しいご相談をしたい場合は
こちらからお問い合わせください

会社案内ダウンロード

プライムナンバーズの会社案内のPDFデータは
こちらからダウンロードください