Features プライムナンバーズの特長-【戦略】

プライムナンバーズの
戦略

「広告は戦略的に運用して初めて効果が現れる」という価値観が、プライムナンバーズにはあります。単に作業としての広告運用ではなく、確かな「戦略」をもとに運用していくことが成果をあげる一番の方法です。

「広告の運用状況や顧客を取り巻く環境に応じて、AI(機械学習等)を適切に駆使する。」

プライムナンバーズの広告運用スタッフは、様々な選択肢から状況に適した手段を選び、AI等のツールを使いこなすスキルを全員が身につけています。

現在世界中で使用されている運用型広告の多くには、AI(機械学習等)を使った自動運用機能が搭載されています。「AIが広告運用してくれるなら、わざわざ人が手間をかけて運用をする意味はあるのか?」と思われるかもしれません。

答えは「必要あり」。AIなどの便利な機能はあくまでツールにすぎません。それらを使いこなし、広告効果をあげられるかどうかは運用担当者力量しだいです。たとえばGoogle広告やYahoo!広告といった広告媒体によって、成果が出せるAIに「育てる」方法論は異なります。また過去の運用データをどのようにAIに学習させるか、業種やビジネス形態によっては「あえてAIを使わない」といった判断をすることも、運用担当者の重要な役割です。

さらに、最適化されたAIで自動運用を行っている場合、「なぜ運用成果が変動したのか」がブラックボックス化してしまうという問題があります。AIが行わない「仮説」「検証」「改善」といった要素は、あくまで人の手で対応しなければなりません。


プライムナンバーズのスタッフは各種ツールに習熟しており、顧客の状況や目標設定に合わせて最適な運用手法を提案します。

「顧客の課題を深いレベルで共有し、納得感のあるクリエイティブを提供する。」

プライムナンバーズは広告クリエイティブの作成はもちろん、Webサイト制作からSEMに配慮したコンテンツ制作まで、一手に引き受けます。

運用型広告の成果を左右するのは、広告アカウントの設定や運用手法だけではありません。直接ユーザーの目に映る広告テキストや画像、動画などのクリエイティブの質も、広告成果に大きな影響を与えます。広告として表示される一次的なものの他にも、企業WebサイトやLP(ランディングページ)や、その中で使用されている様々な制作物も含まれます。

ユーザーに関心を持たせ成約につなげるためには「なんとなくこれが良い」という基準ではなく、「これがなぜ顧客の課題を解決できるのか」という論理を持って生み出されたクリエイティブが必要です。 プライムナンバーズは社内・社外のクリエイターと協働し、顧客のビジネスの課題を解決するクリエイティブを提供します。

「豊富な知識と専門的なスキルで、基本を徹底したオペレーションを行う。」

広告運用の成果を挙げるには、特別な手法や「裏ワザ」的な施策は必要ありません。プライムナンバーズでは「やって当たり前」の基本的な設定を徹底し、クオリティの高い広告運用を実現しています。

たとえば運用状況の定期的な報告は、成果を出すための要です。日々の進捗管理から、週ごとのレポート提出、月次の定例会まで、短期・中期・長期のマイルストーンを置きながら目標達成を目指します。運用成績の上下動は、想定される原因と変化に応じた対策を含め、過不足なく報告。正確な現状把握は、最適な改善施策を打つために必要な条件です。

運用成績が上下する原因となるのは、広告クリエイティブやアカウントの設定だけではなく、業種による季節変動や競合他社のキャンペーンとの食い合いなど、様々な可能性が考えられます。プライムナンバーズは担当者一人ひとりが顧客の業種・業態について理解を深め、一見イレギュラーに思える要素も考慮に入れたプランニングを行います。

もちろんスタッフ全員が広告運用に関する高度な専門知識を備えていることも、「当たり前」のこと。プライムナンバーズでは、スタッフ一人ひとりがGoogle広告認定資格をパスし、かつ数百コマに及ぶ社内研修で研鑽を積んでいます。

しかしそれらはあくまでスタートラインにすぎません。実際に顧客の広告運用を担当し、業務を行う中で実践的な広告運用スキルを常に磨き続けています。

月額100万円~1000万円の予算帯の広告運用はプライムナンバーズで!

リスティング広告をはじめとする運用型Web広告の戦略的な運用やコンサルティング、LPやWebサイトなどのクリエイティブ制作はプライムナンバーズにお任せください。

広告アカウントが適切に運用されているかを確認できる「かんたん診断」も無料で承ります。まずは「ご相談」フォームよりご連絡ください。