Blogブログ
2020.12.13

【一覧あり】Facebook広告のユーザー情報を利用したターゲティング

 広告主の皆さま、FacebookまたはInstagramで広告配信をしていますでしょうか。Facebook広告は様々な情報をもとに精緻なターゲティングをできるのが魅力ですが、一方で設定できるターゲティングの数は多く、全てを把握したうえで活用できるという方は少ないのではないでしょうか?

 当記事では、Facebook広告で設定できるオーディエンスターゲットオプション(以下、「詳細なターゲット」)の「利用者層」についてご紹介させていただきます。利用者層カテゴリを利用することで学歴、雇用、家族、ライフスタイルなどの情報をもとにユーザーをターゲティングできます。どんなターゲティングがあり、いつ使用するべきなのか、当記事で解説させていただきます。

 尚、Facebook広告の詳細なターゲットのうち、「興味関心」「行動」について紹介した記事も別途用意しております。そちらに関しては以下よりご確認ください。

【一覧紹介】Facebook広告で設定できる興味関心ターゲティング全319種

Facebook広告でユーザーの行動履歴を基にしたターゲティング全192種

利用者層ターゲティングの概要

 Facebookは性別、年齢、地域、言語といった基本的なターゲティングの他に、ユーザーの学歴や雇用または子供の有無といった詳細な項目からもターゲティングすることができます。

 こちらは、Facebook広告の広告セット内にあるオーディエンス作成のセクションから設定することができます。

 Facebook広告では、ユーザーの以下の情報をもとに、ターゲティングすることができます。

・クリックする広告

・やり取りをするページ

・デバイスの利用状況や旅行の好みなどに関連して利用者がFacebookで行うアクティビティ

・年齢、性別、所在地などの利用者データ

・使用するモバイルデバイスとネットワークの接続速度    

(Facebook広告ヘルプより引用)

 この詳細なターゲットの大まかなカテゴリは、「利用者層」「興味関心」「行動」の3つに分けられます。この内、当記事で解説する「利用者層」は以下のようなターゲティングになります。

■利用者層

 ユーザーが記載したプロフィールから、学歴、雇用、家族、ライフスタイルなどの情報に基づいた人にリーチします。

 [カテゴリ] 学歴、ファイナンス、住宅、ライフスタイル、ライフイベント、子供がいる人、交際、仕事

(Facebook広告ヘルプより引用)

 上記の項目で設定できるターゲットは非常に多く用意されております。

利用者層ターゲティング一挙紹介

 この章では詳細ターゲティングで設定できるターゲットの「利用者層」についてご紹介いたします。かなり細かいターゲティングもありますが、是非ご確認いただき、活用いただければと思います。

 なお、ターゲティングの量が非常に多いので、記事内で全て見るのは大変かもしれません。以下の内容をまとめたEXCELデータも用意させていただきましたので、EXCELで見たいという方は、以下よりダウンロードください。下記と同じ情報を載せております。

 利用者層では、6つのカテゴリが設定されております。それぞれのカテゴリについてご紹介させていただきます。

 カテゴリ別に分割して、それぞれのターゲティングの説明、どういう時使えばよいかの説明を加えて文を作るのが良いでしょう。

学歴

 学歴カテゴリは大卒・高卒生や現役の大学生・専門学生や大学院生など、学歴をターゲットに設定することができます。学生向けのサービスや、求人の広告を出す際に活用するとよいアプローチができるでしょう。

 学歴カテゴリで設定できるターゲティングは以下になります。

カテゴリ1 カテゴリ2 カテゴリ3
学歴    
学歴 学歴  
学歴 学歴 不明
学歴 学歴 修士号
学歴 学歴 博士号
学歴 学歴 大卒
学歴 学歴 大学中退
学歴 学歴 大学生・専門学校生
学歴 学歴 大学院中退
学歴 学歴 大学院生
学歴 学歴 専門職学位
学歴 学歴 準学士号または短期大学士号
学歴 学歴 高卒
学歴 学歴 高校中退
学歴 学歴 高校生
学歴 専攻(検索式)  
学歴 学校(検索式)  
学歴 大学の在籍期間(任意指定)  

ライフイベント

 ライフイベントカテゴリは就職、転勤、結婚など人生における大きな分岐点で生活様式が変化したユーザーにアプローチする際に役立つターゲティングです。不動産や就職・転職、ウェディング関連の広告を出す際に活用するとよいでしょう。

 ライフイベントカテゴリで設定できるターゲティングは以下になります。

カテゴリ1 カテゴリ2
ライフイベント  
ライフイベント 出身地から離れた所に住んでいる
ライフイベント 婚約中(1年未満)
ライフイベント 婚約中(3か月未満)
ライフイベント 婚約中(6か月)
ライフイベント 家族から離れた所に住んでいる
ライフイベント 就職・転勤
ライフイベント 新しい交際関係
ライフイベント 新婚(3か月未満)
ライフイベント 新婚(1年未満)
ライフイベント 新婚(6か月未満)
ライフイベント 最近転居した

交際

 交際カテゴリはカップルの交際段階によって設定できるターゲティングです。「婚約中」、「交際中」ユーザーに対して旅行やジュエリー業界の広告、「独身」ユーザーに対してマッチングアプリ等の広告を出すなど、業界ごとにステータスを活用できますので是非ご利用ください。

 交際カテゴリで設定できるターゲティングは以下になります。 

カテゴリ1 カテゴリ2 カテゴリ3
交際    
交際 交際ステータス  
交際 交際ステータス オープンな関係
交際 交際ステータス シビルユニオン
交際 交際ステータス ドメスティックパートナー
交際 交際ステータス 不明
交際 交際ステータス 交際中
交際 交際ステータス 別居中
交際 交際ステータス 婚約中
交際 交際ステータス 既婚
交際 交際ステータス 独身
交際 交際ステータス 複雑な関係
交際 交際ステータス 配偶者と死別
交際 交際ステータス 離婚

仕事

 仕事カテゴリでは特定の業界に勤務しているユーザーに対してアプローチすることができます。BtoB商材の広告を出す際に活用できるカテゴリといえるので、営業にまつわる広告を出稿したい場合は「営業」カテゴリ、教科書や専門書にまつわる広告を出稿したい場合は「教育・図書館」カテゴリなど、特定の業界や職種、役職などがターゲットとなる場合はご利用ください。

 仕事カテゴリで設定できるターゲティングは以下になります。

カテゴリ1 カテゴリ2 カテゴリ3
仕事    
仕事 勤務先(検索式)  
仕事 業界  
仕事 業界 IT・技術
仕事 業界 アート、エンターテイメント、スポーツ、メディア
仕事 業界 コンピューター・数学
仕事 業界 ビジネス・ファイナンス
仕事 業界 ヘルスケア・医療
仕事 業界 マネジメント
仕事 業界 交通・輸送
仕事 業界 保安サービス
仕事 業界 公務員(グローバル)
仕事 業界 司法サービス
仕事 業界 営業
仕事 業界 地域福祉・社会福祉
仕事 業界 建築・工学
仕事 業界 建設
仕事 業界 教育・図書館
仕事 業界 清掃・メンテナンス
仕事 業界 生命科学、物理科学、社会科学
仕事 業界 管理
仕事 業界 自衛隊・軍関係者(グローバル)
仕事 業界 製造
仕事 業界 設備・修理
仕事 業界 農業、漁業、林業
仕事 業界 退役軍人(米国)
仕事 業界 食品・レストラン
仕事 役職(検索式)  

子どもがいる人

 子どもがいる人カテゴリではユーザーの子どもの有無、子どもの年齢層別でアプローチが可能です。粉ミルクや紙おむつ等のベビー業界にまつわる広告を出稿したい場合は「幼児の子どもがいる人」ユーザー、ゲームやフィギュア等の玩具業界にまつわる広告を出稿したい場合は「小学校低学年の子どもがいる人」ユーザーにアプローチするとよいでしょう。

 子どもがいる人カテゴリで設定できるターゲティングは以下になります。

カテゴリ1 カテゴリ2 カテゴリ3
子供がいる人    
子供がいる人 父親/母親  
子供がいる人 父親/母親 子どもがいる(すべて)
子供がいる人 父親/母親 子どもが生まれたばかりの人(0~12か月)
子供がいる人 父親/母親 幼児の子どもがいる人(1~2歳)
子供がいる人 父親/母親 子どもがいる(3~5歳)
子供がいる人 父親/母親 小学校低学年の子どもがいる人(6~8歳)
子供がいる人 父親/母親 小学校高学年の子どもがいる人(9~12歳)
子供がいる人 父親/母親 子どもがいる(13~17歳)
子供がいる人 父親/母親 高校卒業年齢以上の子どもがいる人(18~26歳)

ファイナンス(米国)

 ファイナンスカテゴリは米国居住者のみを対象としたターゲティングです。米国の地域を世帯年収が上位5%、10%、10%~25%、25%~50%の4つに分けて、その地域に住むユーザーをターゲットに広告を配信できます。 車や時計、不動産等の単価が高い商材は世帯年収が高いエリアに出すなど、商材の金額感に合わせてターゲティングするとよいでしょう。

 ファイナンスカテゴリで設定できるターゲティングは以下になります。

カテゴリ1 カテゴリ2 カテゴリ3
ファイナンス(米国)    
ファイナンス(米国) 収入  
ファイナンス(米国) 収入 世帯収入: 上位10%(米国の郵便番号ごとの地域)
ファイナンス(米国) 収入 世帯収入: 上位10~25%(米国の郵便番号ごとの地域)
ファイナンス(米国) 収入 世帯収入: 上位25~50%(米国の郵便番号ごとの地域)
ファイナンス(米国) 収入 世帯収入: 上位5%(米国の郵便番号ごとの地域)

利用者層ターゲティング設定時の注意点

 次に、これら利用者層の設定を行う際の注意点をご紹介させていただきます。いざ設定を行う際に、意図しない設定にならないようご注意ください。

数ターゲット指定時は、OR条件で設定される

 複数の詳細ターゲティングを設定しようとすると、管理画面は以下のような表示になります。(例としてここでは「IT・技術」と「営業」を使用します)

 上部に「次の条件に一致する人を含める」と確認できるため、条件としてはIT・技術/営業どちらにも一致するオーディエンスを抽出するように見えますが、実際は「IT・技術または営業に一致するオーディエンス」を抽出するOR条件になっています。

AND・除外を使い分ける

 OR条件以外は先ほどの画像内の最下部の「除外」「オーディエンスの絞り込み」を使用することで次のように指定できます。

【AND条件】「営業/IT・技術どちらにも一致するオーディエンス」

【除外】「IT・技術に一致するが営業には一致しないオーディエンス」

 このようにOR条件、AND条件、除外を使用することで詳細なターゲットは自由な指定を行うことができます。

オーディエンスのサイズを確認すること

 詳細なターゲットを指定する際に絶対確認しなければならない点の一つに、管理画面右上のオーディエンスの想定リーチ数です。それは、このようなメーターで表示されています。

 ここで注意することはメーターが左の赤部分に掛からないようにすることです。つまりオーディエンスのサイズが小さくなりすぎないようにすることです。

 オーディエンスが小さいと以下のような弊害が発生する恐れがあります。

・広告配信がほとんどされない

・Facebook広告の媒体による配信最適化が機能しない

 どれだけ自社のピッタリなターゲティングであっても、配信ができなければ何の意味もありません。もしターゲットが小さいというエラーが出れば、ターゲティングの条件を緩めて、メーターを中央部に寄せるように調整する必要があります。

成果拡大が目的なら、ターゲット設定の「拡大」を

 詳細なターゲットにこだわらず成果の積み上げを狙うのであれば、「ターゲット設定の拡大」を選択しましょう。以下の項目にチェックをすると、ターゲットが拡大されます。

 使用条件は、広告配信の目的として設定するキャンペーンの目的が「ブランドの認知度アップ」「リーチ」以外であること。

 ちなみに「コンバージョン_」「アプリインストール」の目的ではデフォルトでオンになっています。

 この設定を使用すると、指定した詳細なターゲットに配信を絞らず、成果の積み上げやコストの削減が狙えるとFacebookの媒体が判断した場合に、指定したターゲットに行動が類似しているユーザーにも配信対象が拡大されます。獲得数を増やしたい場合は、ターゲットの拡大をすることが推奨されておりますので、広告配信に特別な条件がない場合は設定をする方がよいでしょう。

Facebook広告の成果にお悩みなら、プライムナンバーズにご相談ください

 以上、Facebook広告の詳細ターゲティングで設定できるターゲット「利用者層」についてご紹介させていただきました。Facebook広告はプロフィールの情報や、投稿の内容などの情報をもとにユーザーを特定する精度が非常に高い傾向にあります。自社が想定しているターゲットが上記のターゲット一覧にあるようなら、是非とも広告配信を試していただきたいです。

 もしターゲット選定が難しいならば、WEB広告の成果改善を得意とする弊社プライムナンバーズまでご相談ください。 様々な角度から、広告主の皆様に合ったターゲットを提案させていただきます。

 弊社へのご連絡は画面右の問い合わせボタンよりお願いいたします。