Staff Interviewスタッフインタビュー

組織全体のレベルアップを図って、会社の成長を促す存在に

広告運用コンサルティング担当 / S.H / 2016年 中途入社

趣味は何ですか?

 オンラインゲームです。一般的なコンシューマーゲームは殆どやらないコアゲーマーです。
 外で遊ぶとなるとダーツ、ビリヤードが好きで、家にダーツ台があったりします。

なんでも良いので好きなものを一つあげてください

 趣味=好きなものなので既に語っておりますが、それ以外だと猫が好きです。
 幼稚園児のときに捨て猫を拾って飼って以来、猫が好きでたまらないです。数年前までは実家で猫13匹飼っていたのですが、猫に囲まれて過ごし続けた影響なのか、猫アレルギーになりました。現在、実家に行くときはアレグラが必需品です。

尊敬する面とフォローしないといけない面、両面ある小林代表に魅かれて入社を決意

前職はどんな業界で、どんなお仕事をしておりましたか?

 中小企業を対象としたサイト制作、ネット広告運用をしていた会社でネット広告運用の事業部に所属していました。
 学生後の進路だと、ミュージシャン→デジタルコンテンツ制作→プログラマ→WEBサイト制作→広告運用で、サラリーマンになってからはWEBに関する仕事を色々してきました。

前職で感じていた不満点などはありましたか?

 組織が大きい故に1顧客に対する担当者が多く、自分の影響範囲が小さかった所です。
 サイト制作、アクセス解析、広告運用など、マルチで働いてきた身としては、会社からの個々に対する期待役割があることは理解できるものの、自身で出来る業務との差に物足りなさを感じてました。

プライムナンバーズに応募したのは、どんな点に興味を持ったからですか?

 前職の知人が既にプライム社にいたので、きっかけとしては紹介になりますが、決め手は小林代表の人柄です。
 人間的な面では放っておけない弟のような一面、経営者としては尊敬できるという両局面がこれまでにないタイプの社長という存在に惹かれました。自分で思っているだけですが、小林代表が苦手と思われる分野を自分が得意だったりするので、会社に新しい風を吹かせられたのかな?と思ってます。

伝える・教える際は、相手が理解できるところまでをゴールとする

現在の仕事内容を教えてください

 4つある事業部の1部長をしてます。
 個人の業務としては担当クライアントのコンサルティング、広告運用、他代理店への指示。
 部長としては部員のマネジメント、サポート、会社の経営部分にも携わっています。

仕事に取り組むうえで心掛けていることは何ですか?

 この業界は情報の変化が非常に激しいため、情報に遅れを取らないように常に最新情報を得るアンテナを張る。過去は振り返ってもCtrl+Z押しても戻らないので、糧にして前に進むのみ。
 また、「伝える、教える、提出する」については「相手が理解できる所までをゴール」とするようにしています。

マネジメントの方法を変えることで、部下の成長速度が速められるように

クライアントと接する際に、心掛けていることは何ですか?

 クライアント側はその業界のプロ、我々はネット広告のプロですが、共存共栄をするためには二人三脚で進めることが不可欠。クライアントの業界に興味を持ち、我々の仕事を知ってもらうスタンスで接してます。

仕事を通して、成長できたと思うスキルはどんなものですか?

 マネジメントとVBAです。
 マネジメントについては識学という組織マネジメントの研修を受けさせてもらったのですが、マネジメントについての価値観が非常に変わりました。また識学の研修を始める前後での教育において、部下の成長速度に明らかに変化があったと感じています。
 例えとして適切なのかは微妙な所ですが、これまでは自分事のように教育していたため「“わからない”となる状況が理解できない」となっていましたが、一歩引いて「この人が今時点で到達できる所はどこまでなのか」という思考に変えました。相手毎に育成方法を変えるということなので、抱えられる人数には限界があると思いますが、今の組織ではこちらの方がフィットしました。
 VBAについては元々プログラマであったので、取得についてはそこまで難易度が高くはなくすんなり覚えられました。現在の業務の最適化において重要なスキルなので、まだ活用できていないメンバーにはぜひ覚えて貰いたいです。

今思い描いている、今後成りたい自分像はどんなものですか?

 会社の成長において影響力の大きい人物になりたいです。
 そのために、組織全体のレベルアップに繋がる仕組み作り、ツールの開発に励んでいます。まだ部内に留まっているため、部の成長結果をモデルに、会社全体に展開したいと思います。