Blogブログ
2021.08.31
[2021.09.22 UP]

《初心者向け解説》Googleショッピング広告とは?小売業の販売促進に最適

Googleショッピング広告とは、広告をクリックする前に写真や商品名などの情報をユーザーにアピールできるキャンペーンタイプのことを指します。何かを購入しようとGoogleで検索した際に、検索結果の一番上に商品写真が並んで表示されたことはありませんか?それが代表的な「Googleショッピング広告」です。

当記事では、これからGoogleショッピング広告を使おうと考えている方に向けて、スタート前に知っておきたい基礎的な情報をご紹介いたします!

商品詳細をクリック前にアピールできる!Googleショッピング広告

Googleショッピング広告は、検索広告や動画広告などと同じくGoogle広告キャンペーンの一種です。その他の広告と比べ、「広告をクリックしなくても商品の概要が表示される」「ユーザーの目に留まりやすい」「クリック課金型なので費用を抑えやすい」という3つの特徴があります。

商品の画像・価格・在庫情報・店舗へのリンク等がクリック前に表示される

Googleショッピング広告では、商品の画像・価格・商品名・在庫情報・店舗名・店舗へのリンク等をユーザーがクリックする前に表示することができます。ユーザーがクリックしなくても商品の大まかな内容を確認できるため、 商品についての情報を端的にユーザーに訴求することが可能になります。

広告主のメリット

ユーザーが求める条件に合った商品かどうか判断しやすいため、クリックしたユーザーの中で購入見込みの高いユーザーの割合が高くなる傾向にあります。そのため最終的な成果(購入など)につながりやすい広告キャンペーンです。

ユーザーのメリット

詳細な商品情報をすみずみまで読み込まなくても、商品の見た目が自分の好みに合っているかや予算内かどうかといった購入基準と照らし合わせを判断することができます。そのため、商品を比較検討する手間が減り、必要な商品を手に入れるまでのプロセスを短縮できます。

広告が画面を占める割合が高い

商品画像や価格等をまとめて掲載しているため、文字のみのテキスト広告と比較して情報量が多く表示する幅も広くなります。広告が画面を埋める割合が高く、目を引く商品画像があることでユーザーの目に留まりやすい広告形態です。

最終的な累積費用を比較的安く抑えることが出来る

Googleショッピング広告の課金方式は「クリック単価(CPC)制」です。クリック単価制とは、ユーザーが広告をクリックした際に料金が発生するもの。商品情報がクリック前に表示されることで購買意欲の無いユーザーのクリックが抑えられ、最終的な累積費用を抑えることにもつながります。

Googleショッピング広告の配信面は検索結果画面とパートナーサイト

Googleショッピング広告が配信される主な箇所(配信面)は、Google検索結果画面の3箇所です。

  1. 画像1.検索結果画面の上部または右側の広告枠
  2. 画像2.Google検索のショッピングタブ
  3. 画像3.Google検索の画像検索

またこの他、Google検索パートナーサイトと呼ばれるGoogle以外の多数のウェブサイト(YouTubeなど)にもショッピング広告が配信されます。

画像1-1.Google検索結果上部

 

画像1-2.Google検索結果右側

 

画像2.Googleショッピング検索タブ

 

画像3.Google画像検索タブ

 

Googleショッピング広告の仕組みをカンタン解説!

Googleが提供するMerchant Centerは、複数の商品情報を管理するためのツールです。Googleショッピング広告を使用する際は「Merchant Centerの商品データによって表示される方法と場所が決定する」ということを覚えておきましょう。以下で使い方を詳しくご紹介します!

リンク必須!「Merchant Center」ってなに?

Merchant CenterとはGoogleが提供している、自社の商品情報を管理するためのデータベースツールです。Merchant Centerに商品情報を登録すると、Merchant CenterのデータベースからGoogleの各サービスに商品情報を掲載できるようになります。

複数のGoogleサービスを利用していても、個別に大量の商品データを登録する必要がなくなるため、広告主の手間が省けます。Merchant Centerの商品情報を更新すれば、連動しているすべてのサービスの商品情報に反映されるため、古い情報のまま掲載され続けてしまうリスクを減らすことが可能です。

Googleショッピング広告を使用する際にはMerchant Centerと連携させる必要があるため、利用開始時に以下の手順を踏む必要があります。

  1. 1.Merchant Centerアカウントを作成する
  2. 2.Merchant Centerに登録するショップや商品情報を整理する(=フィードの作成)
  3. 3.Merchant CenterアカウントとGoogleアカウントをリンクさせる

リンク後、整理した商品情報をMerchant Centerへ送信します。商品データを登録したらキャンペーンを作成すれば、Googleショッピング広告の運用開始です。Googleショッピング広告のキャンペーンには3つの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

Googleショッピング広告のキャンペーンの特徴

Googleショッピング広告では下記の3つのキャンペーンを作成することができます。キャンペーンが重複している場合、3つのキャンペーンの中でスマートショッピングキャンペーンが優先的に配信されます。自社の目的に合ったキャンペーンを選びましょう。

キャンペーン名 主な特徴
ショッピングキャンペーン 特徴①:手動ターゲティング、個別単価設定ができる
特徴②:検索語句レポートや除外キーワード設定ができる
特徴③:サイトへのアクセスや見込み顧客が獲得できるMerchant Centerに登録されている商品情報(オンライン/実店舗両方)を整理して、商品を宣伝することが可能。ショッピング広告の管理と最適化に役立ちます。
スマートショッピングキャンペーン 特徴①:ターゲティング、広告作成、入札、予算配分が自動で行われる
特徴②:検索語句レポートや除外キーワード設定を行うことが出来ない
特徴③:CV値最大化・作業効率化が可能通常のショッピングキャンペーンとディスプレイリマーケティングキャンペーン(※)を組み合わせたもので、販売者の商品やビジネスをネットワーク全体で宣伝することができます。
※ディスプレイリマーケティングキャンペーン:以前自社サイト・アプリと接点を持ったことのあるユーザーに対して再度はたらきかけるディスプレイ広告のキャンペーン
スマートディスプレイキャンペーン 特徴①:機械学習を使用することで、ネットワーク全体に様々な広告を掲載可能
特徴②:配信面はディスプレイネットワーク全体
特徴③:入札、ターゲティング、広告作成に対して最適化技術が使用される(自動)ディスプレイ広告の複雑な設定管理を支援するサービスです。

Googleショッピング広告を活用する5つのメリット

「結局のところGoogleショッピング広告を使用するとどんな利点があるの…?」という疑問にお答えすべく、Googleショッピング広告(ショッピングキャンペーン)を活用した際の5つのメリットをまとめてご紹介します!

メリット①エンゲージメントが向上!

ユーザーとの関連性が高い商品の広告を表示でき、クリック前に商品の詳細をアピールできるため、ユーザーに商品のイメージが伝わりやすくなります。その結果、ユーザーの「この商品気になる…」「クリックしてみようかな」「これ欲しい!」といった行動を促しやすくなるでしょう。

メリット②有望な見込み顧客を獲得!

ユーザーはあらかじめ商品情報を見てから広告をクリックするかどうか選べるため、クリック時点で商品の購入意欲が高いことが多くなります。つまり、サイト表示後に購入する有望なユーザーを獲得しやすいということでもあります。

メリット③キャンペーン管理が簡単!

Googleショッピング広告はMerchant Centerで商品情報を管理しているため、Merchant Centerに登録している商品情報を更新することで連動しているサービスの商品情報の管理が簡単に行えます。さらにGoogle広告で在庫を直接管理したり、商品の広告グループを作成したりといった機能も備わっています。

メリット④複数の広告を同時に表示!

関連性が高い場合、同じ広告主のショッピング広告が複数表示されることがあるあります。さらにショッピング広告とテキスト広告が同時に表示されることもあります。その結果、より多くの広告機会が得られます。

メリット⑤優秀なレポート機能と競合状況データを取得!

Googleショッピング広告では、「オークション分析レポート」機能を使うことで詳細な広告成果レポートを確認できます。自社のデータだけではなく、自社と他社を比較して競合する広告がどのような成果を上げているかをチェックすることも可能です。

機能も充実!Googleショッピング広告が保有する3つの機能

Googleショッピング広告には、以下の3つのレビュー機能も備わっています。どの機能も無料で利用できるため、必要に応じて活用し、ユーザーが商品やサービスを選ぶ際の判断材料を増やしましょう。販促としてはもちろん、レビューを受け入れることで「ユーザーの声を聴く公正な企業だ」というイメージをユーザーに与えることにもつながります。

機能①Googleカスタマーレビュー

自分のサイトで商品を購入したユーザーからフィードバックを収集できる無料のプログラムです。

販売者の評価は検索広告、ショッピング広告、掲載可能なオプションにも表示することができます。カスタマーレビューは、ユーザー視点でのレビューが投稿されていることから信頼されやすく、新規ユーザーの購買行動につながりやすくなります。

機能②商品評価

ショッピング広告に表示される星の数による評価のことで、販売店や記事サイトなどのデータをもとに、評価とレビューデータが集計されたものです。ユーザーはこの情報を購入する際の判断に役立てることができます。販売者にとっては、評価が良ければ「高い評価を受けている商品」であることをユーザーにアピールする材料となるでしょう。

機能③プロモーション

プロモーションを追加することで、「15%off」「送料無料 」等のリンクを表示することができます。プロモーション機能によって直接的にユーザーのベネフィットを訴求できるため購買行動につながりやすくなるでしょう。

Googleショッピング広告は小売業に最適?

Googleショッピング広告は小売業者向けのキャンペーンです。特に数多くの商品を取り扱う小売業者にはオススメです。

小売業界は目まぐるしく変化しています。変化が顕著に表れているのはユーザーの購買方法です。これまでは「店舗に出向き、実際に商品を見て比較検討を行い購入する」といった流れが多くありました。

しかし、近年モバイルデバイスの使用が増加し、ユーザーの購買方法は変化しています。実際に店舗へ出向く頻度は減少し、「複数のインターネット上のサイトで商品を比較検討、時には他のユーザーの口コミを参考にネット上で購入まで完了させる」という流れが主流になっています。小売業者はこうしたユーザーの購買方法の変化に適応し、ユーザーが求めるニーズに即座に対応していかなければならなくなりました。

Googleショッピング広告を活用すれば、上記のような業界の変化・ユーザーのニーズにも対応することができます。特徴やメリットを振り返って考えてみると、例として下記のような対応が可能となります。

  • 商品イメージがわかりやすい画像や商品価格まで瞬時に知らせることができるため、短時間で多くの商品を簡単に比較したいというユーザーの要求を満たすことができる
  • 多数商品を保有していても商品管理が簡単であるため、適切なユーザーに適切な商品を適切なタイミングで提示できる

例で挙げた事象以外にも、小売業者がGoogleショッピング広告を活用することで得られる利点は多くあります。新たな販促手法をお探しの方は、検討してみるとよいかもしれません。

プライムナンバーズではGoogleショッピング広告を含む運用型広告の運用代行を承っています。現在ご利用中のアカウントの成果改善や、新規に運用を始めたい場合など、お気軽にご相談ください。

相談する